<2017.08.23 ものの行方>



ものに対して、それほど執着がない。

ものを大切にする方だと思うが、

なければないでよしとする。

あったものがなくなると

寂しい。


でも、時間とともに記憶から

消え去る。



x,y,z の空間に

たしかに存在していたものを

認識するとき

懐かしさや当時の記憶が

蘇る。



x,y,z の空間に

たしかに存在するものを

感じるとき

視線や気配を

感じる。



視野の端に感じるものは

自身の投影か

はたまた

過去や未来からの

幻影の遺伝子だろうか











Copyright (C) 愛メディカ.All Rights Reserved. since 1996

PAGE TOP