<2019.01.18 自分を整えておく>



神の声を降ろせる方や

みえない世界がみえる方々も

来られている。



みえない世界と現実の世界が

あるだろうとは思うが、

両方のバランスが悪くなると

みえない世界の翻訳が

間違ったりするのではないかと思う。




霊能者の方に

自分が何かに取り憑かれて

いることはわかりますか?


とお尋ねしたことがある。




答えは、



「そうなったら、わからないでしょうね」



という返答だった。




霊能者の方々が、

「おかしな霊能者たち」が増えて

これから気をつけないとね。



と、口々に言われる。




そうなんだあ。




でもご本人が

おかしいかどうかは

わからないということ。



その人がおかしいかどうかは


聞いた自分自身が


判断せねば


ならないのだ !




どんなに

素晴らしいと

言われている方であっても




いつ


おかしくなっているかは


わからないのだ。




では、

どうすれば良いのか !




自分自身の心身の状態を

常に整えておくこと。



五感を磨いておくこと。



姿勢を正し、

立ち居振る舞いを

美しくしておくこと。



まわりの環境を

居心地よく整えておくこと。


常に脳の状態が

スッキリとクリアでいること。



ものがあってもなくても

いいと思えること。



自然界になく

人工的に作られたものが

あってもなくても

生きていけると

思えること。



もちろん

それらを拒否するのではなく

あれば感謝をして

活用するということ。



身体の中の

管をキレイに保つこと。


キレイに保てる

液体や食物を

とること。



自分に備わっている

送受信のアンテナの

位置を正すこと。



軸をしっかりと

つくり維持していくこと。



依存体質から

光を取り入れ

光が満たされる心身をつくること。



そして、

光を提供できる人になること。



今のフィールドのなかで

良い悪いを判断するのでなく

全く新しいフィールドに

いく勇気をもつこと。






愛メディカに

来られる人たちが

そのような人に

なればいいと

考えている。






栗田 和昌






Copyright (C) 愛メディカ.All Rights Reserved. since 1996

PAGE TOP