<2019.06.30 身体は管でできている>



身体が大きな袋だとしたら

その中に

口から

お尻まで

管が

通ってるんですね。


血管だって

血液の通る

管なんですね。





身体という袋が

歪んでしまったら


その中に入っている

管たちは

曲がって

ねじれて

歪んでしまい

通りが悪くなって

しまいます。


血液の流れが

悪くなることにも

通じるのです。



血圧異常や

身体の冷え、

呼吸機能

生理機能

運動機能

自律神経機能

などなど

に異常をきたします。



対症療法的に考えると

一つ一つの

原因を究明します。


内蔵臓器の

異常が

それらの容れ物である

身体の歪みであれば

元の形に

戻せば

数々の異常が

改善されるというわけです。




だから

姿勢が大切

と言われるのです。


それでは、

身体の形に

異常を起こす原因は

一体何なのでしょうか?


生活習慣や

クセかもしれませんし、

良いと思ってやっている

体操やヨガ、

運動など


かもしれないのです。



すべてが悪いと

いっているのではなく

自分の歪みを

正しい姿勢に導いて

くれるものかどうかが

重要かなのです。



どんなに素晴らしい

理論や考え方で

あっても

自分の身体に

合わないものであれば

身体が歪んできます。


ご自身の身体の歪みや

状態に合わせて

見ていただける先生から

ご指導を受けないと

余計に

身体に不調を

きたしてしまうのです。





栗田 和昌





Copyright (C) 愛メディカ.All Rights Reserved. since 1996

PAGE TOP