<2017.08.14 あなたは、そんなもんじゃない>


相談者の方が、ご自身のことを過小評価されたり、

体型のことで、コンプレックスを持っておられたりすることがある。


そういう風に思われているときは、

大抵、猫背になっているときが多い。


身体の中心軸をつくり、

    左右対称形の姿勢になったら、
    
    鏡の前で、
    
    
   「私ってまだまだいけるわよね」と、


自信満々に言われる。


理由は、簡単で

    もともと100点であるはずの前向きな気持ちや
    
    ナイスバディが、姿勢によって

 60点、あるいは40点や30点になっていただけなのだ。


    姿勢が崩れると、背中が丸くなる。
    
    それでは、胸側はどうかというと、
    
    凹んでくるのだ。
    
    
胸郭は、呼吸する部位なので、

呼吸の量が少なくなる。

取り込む酸素量も少なくなると、

脳にも影響が出てくる。

脳が酸素不足になると、どうしても

ネガティブな感情が生まれやすく、

イライラにもなりやすい。


そして、胸郭が凹むと横隔膜が下方に圧迫され、

内臓下垂の原因ともなる。


外形でいうと女性のバストも形が崩れ、

向きも悪くなり、下垂してくる。


バスト自体は、皮下脂肪なので

もともとは、柔らかく、流れやすいものなのだ。

下向きで、垂れ下がったバストの位置を変えるのには、

バストが乗っかっている台そのものを変えるしかない。

台は胸郭であり、大胸筋であり、肋骨である。

猫背になると胸郭が凹むといったが、

凹んだ胸郭の張りを復活させることにより、

その上に乗っかている皮下脂肪であるバストの

位置や向き、張りが変わってくるのだ。

姿勢が良くなることで、

仰向けに寝てバストが外に流れていた方もそれが阻止され、

大きすぎるバストの方は張りの維持できる大きさに変わる。


土台が変われば、バストにコンプレックスを感じていた方も

自信を持たれるようになる。

要は、バストそのものではなく

身体本体に原因があるのだ。


体重はもちろん同じだが、ウェストの位置が上がり、

お尻の形が整ってくるのも不思議であるが

事実である。


先日来られた方は、

友人から「最近、オーラが出てるわね」と、

言われたそうだ。


オーラのある人の正体は、

姿勢が良いか、が問題なのだ。


美容のことでも、中心軸をつくる理念で対応している。

何なりとご相談くだされば、あなたにあった

対処法を創造することができるはずだ。

あなたは、本当は

そんなもんじゃないんだ!

を証明してみせますよ。




    栗田 和昌
    
    
    
   

Copyright (C) 愛メディカ.All Rights Reserved. since 1996

PAGE TOP